保育士は転職で使えない資格なのか?極力費用を抑えて活用する方法

外出禁止令が出て家で悶々としていませんか?

国家資格と聞くと何年も勉強して膨大な費用がかかるイメージが強いですが、意外にも簡単に取れるものは多く皆さん難しく考えすぎている感が否めません。

免許更新の必要はあるものの、印籠の如くアピールできるのはやっぱり国家資格に限ります。

保育士も比較的簡単に取得できる国家資格なので、女性にはおすすめ。

保育士に転職できたが前職の方が断然楽だったと後悔

保育士に転職できたが前職の方が断然楽だったと後悔

こんにちわ、5年前までデータ入力の仕事をしていた45歳の山崎みほと申します。

よろしくお願いします。

保育士資格を取得した時はデータ入力の取りまとめの仕事をしていて、今は死語かもしれませんがスーパーバイザーって役に就いていました。

多い時は30人位を取りまとめていた私。

様々な人がいる中での業務内容は、些細なことから人間関係のトラブルまで関わらなきゃならないので楽と思ったことはありませんでした。

ただ、保育士に転職してみて前職と比べたら、座り仕事だし相手も大人ですから楽だったのかなぁ。

小さい会社でしたから管理職としての役割と同時に末端の入力業務もマストだったのでどっちつかずで辛い部分もありました。

今でいうプレイングマネージャーって立場ですね!

かと言って客観的に自分のやっていることを眺めると誰にでも出来ることばかりで、自分が辞めたってどうってことない自覚。

残業、休日出勤も多くこのまま子育てと仕事の両立をしていけるのかと悶々としていた時に、親戚で母が教師生活を終える祝いの会が開かれました。

母は65歳でしたが、最後の3年間は図書館司書の資格を取得して辞めずに仕事が続けられたって感謝の内容の挨拶。

その話が私の心を「資格!それだ」と!突きました。

そもそも自分は運転免許も持っていませんし、使えない教員免許しか持っていません。

「大学卒で実際に役立つ国家資格とかないのか」と自分への問いかけが始まりました。

弁護士とか行政書士とか宅地建物取引士とかそういうのじゃなくて、何かと考え調べた時に保育士資格に行きついた形ですね。

子どもがちょうど保育園に通っていたこともあり、年配の人たちが派遣で働いているのを見ていたので、資格を取得したら「近所で働けるかもしれない」とまず心が動きました。

「資格だ!資格があれば65歳まで働ける。保育士資格なら近所で働ける」そんなシンプルかつ直接的な動機が資格取得、転職の役に立った始まりでしたね。

保育士はお金をかけず取得したい!スキマ時間に独学

保育士はお金をかけず取得したい!スキマ時間に独学

保育士資格を取ろうと決意してはみたものの、お金と時間がないってのが答えでした。

諦めたくないけど、お金をかけたくない卑しい気持ちが根底にあって、結局私は隙間時間を使ってお金をかけず勉強するしかない結論に到達。

そこで、現在は保育士養成協議会と言いますが保育士試験事務センターのWEBサイトで過去問題をチラ見。

お恥ずかしい話、保育士とか余裕って勝手に思い込んでいた私は手始めに直近のものからざーっと解いていくと、これが案外難しい。

年甲斐もなく、燃えてしまいました。

ちょっと勉強すれば合格基準の6割なら正解出来そうと勝手に確信。

なんじゃそりゃ?

通信講座も考えましたがとりあえず「保育士試験でるでる一問一答」を購入してとにかく繰り返してみることにしました。

やると言ったって、時間は往復2時間の通勤時と1歳半の子どもが寝てからしかありません。

通勤時は超満員電車ですから立って電車に揺られながら本を必死に見る感じ。

これが意外にも頭に入って来るのが驚きでしたし、もう後戻りできない気持ちからか自然と勉強が習慣づけました。

傍からみたらどう思われていたか分かりませんが、揺れに合わせてキーワードをインプットとかそんな感じの勢い学習方法です。

アウトプットは「保育士過去問題集」をひたすら繰り返しやりました。

つまり、私の場合、インプットとアウトプットを同時並行してやった感じですね。

だんだんアウトプットの方に手ごたえが出てきて「よっしゃ!」と独り言を言っていることが増えたのはご愛敬。

1回目の筆記試験では「教育原理」と「子どもの保健」を1問間違いで落としてしまい、惜しかっただけに暫くやる気がなく呆然。

もう1年チャレンジすることになってしまいましたが、3科目だけの勉強法に絞れたのは今思えば良かったんじゃないかな?

社会的養護、教育原理、子どもの保健はじっくり勉強できました。

生涯学習センターでやっていたLEC東京リーガルマインドの土曜講座にも参加して、頻出ポイントや語呂合わせなどスーパースキルも身に付け試験に臨み当然合格することが出来ました。


保育士の独学に限界を感じ資格学校の単発講座に参加

保育士の独学に限界を感じ資格学校の単発講座に参加

費用は合計で5万円くらいで済みました。

1回目8科目受かった時は、独学だったので本2冊分の値段3,000円位ですね。

再チャレンジした次の試験の時も直近の「保育士過去問題集」を購入したので1,500円プラス。

引き続き「保育士試験でるでる一問一答」を使い倒し、LEC東京リーガルマインドの講座の費用が3科目で1万円×3で3万円かかりましたがマル秘テクニックを学べたので、高いとは感じませんでした。

1科目1日で朝の9時から夕方4時位まで講師の講義を聞きく態勢。

教科書もあり一冊まるまるやるので、試験に頻出の所が中心で覚えるポイントが良く分かって1年目よりも効率よく学習できた感じです。

最初から予備校の講習に参加していたら一発で合格出来たでしょうが、全科目受講したなら費用は10万円位かかっただろうし、10回分週末時間を取られることになったのでそれはちょっと無理があったかもしれません。

実技については音楽と造形を選択。

こちらは90%の人が合格するって話を聞いていたので「大丈夫だろう」と思いながらも筆記試験に合格してから「落ちるわけには行かない」気持ちが強くなり、特に造形は色鉛筆を異常な本数買ってしまい今でも残っているので、ちょっとぞっとします。

今考えると、その本数が不安の度合だったように思えてなりません。

でも不安が努力に繋がったので練習量も半端ありませんでした。

毎日ネットで合格作品を検索して真似をして練習。

これを写経とか呼ぶ人がいますが、合格者ブログも参考にして人物の描き方は断然上手くなった気がします。

最後の最後にもう一度、LEC東京リーガルマインドの造形の模擬試験講座に参加しました。

この時の費用が1万円位です。

参加して初めて、当日と同じ45分以内で描き上げることに難しさを感じました。

ちょうど試験の1か月前で、不安が増大しましたが不安=努力量に繋がりタイマーを使って時間を計り、1日1回自分で問題を考えて練習に励むことができました。

造形の試験の当日は自信を持って描くことができたのは、ピアノは得意なので試験会場から帰る時は「これは行けたな」と合格を確信。

足取り軽く帰路に着き、駅前で飲んだビール一杯は自分への最高のご褒美だったと思い出します。

保育士業界は暗い話題が多いが楽しいことをイメージ

保育士業界は暗い話題が多いが楽しいことをイメージ

これから保育士資格を取得しようと考えているなら、私のように全く違う職種からの転職なら特に保育士になった自分の姿をイメージして勉強することをおすすめします。

暗い話題ばかりが取りだ出される保育業界ですが、イメージはあくまで理想の明るいイメージにして下さいね。

大好きな子どもたちと園庭で鬼ごっこをしている自分、沢山の子どもたちが集まってきて「〇〇先生」と名前を呼んでいます。

ピアノが得意ならグランドピアノを弾きながら子どもたちと自分が大好きな歌を歌いまくっている映像を思い浮かべてくださいね。

みんな笑顔で大きな声で歌います。

自分自身も歌のお姉さんのようにノリノリで歌い盛り上げています。

園長、副園長など上司をはじめ同僚はみんな良い人ばかりでテーブルを囲んで楽しいランチタイム。

イケメン男性保育士と可愛い子どもたちの話で盛り上がり「午後も頑張ろう!」と当たり前の様になっている。

毎日この繰り返しそんな夢の保育士生活をイメージすると不思議と勉強しなきゃ!って力が湧いてきます。

現在の自分の生活は何かの間違いで、夢の保育士生活が本当の自分の姿なんだと思うことを習慣にしてしまいましょう!

そんな気持ちを持ち続け勉強すれば集中力は増大、ちょっとした投資も痛くもかゆくもなくなり、あっという間に国家試験に合格出来ること間違いなしです。


極力費用を抑えて保育士を取得して転職に活用する方法

最後に要点をまとめておきます。

  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
  • リスト4
  • リスト5