TOEICを猛勉強して転職に役立てた話!リストラされた40代の逆転劇を見よ

40代になると何かと苦労が絶えませんよね?

出世街道まっしぐらな40代であれば管理職になり部下を持ち、このまま定年まで走り続けれればと心から願うばかりですが、ある日突然目の前が真っ暗になることもあるもの。

私達40代はどんなに頑張っていてもリストラのターゲットにされてしまいます。

他人事だと思って聞いているあなた!「自分だけは大丈夫!」って思っている人ほど、リストラされるとヤバいって話。

TOEICで700点台を狙ったのはリストラされたのがキッカケ

TOEICで700点台を狙ったのはリストラされたのがキッカケ

皆さんこんにちわ!

昨年まで大手の電気関係のメーカー勤務、今は外資系企業に勤めている田中です。

前職で課長昇進にあたりTOEICの点数が480点以上の条件が出され、もともと点数は300点台だった私は猛勉強をして505点まで上げ無事に課長に昇格。

500店あればまぁいい方と思われるでしょうが、外国人相手に仕事をすることが多くTOEIC500点台では業務に支障が出始めていました。

課長職になって海外出張に行く機会が増えましたが、一人で海外出張に行かなくてはならないことが増え、乏しい英語力で苦労することも多かったですね。

そんな背景があったから、40歳を超えた頃からもう一度真剣に英語を勉強してみようと考えるようになりました。

英語力の向上を確かめるには定期的にTOEICを受けるしかないじゃないですか?

しかしこの後、イケイケだった私のサラリーマン人生が突然終わりを告げようとしていました。

45歳になった私は管理職になり業務が減った背景もあり、会社から早期退職制度に申し込んでくれと言われる始末。

「君の経歴と実力があればどこに行っても通用するから!」って、下手な褒め殺しが始まりましたが、流石にポーカフェイスを気取っていた私も困りましたね。

これは事実上リストラじゃないですか?

何度も会社と交渉しましたが、会社側は一切妥協せず私をリストラする方針を変える気はないようです。

どうすることもできない現実を目の当たりにして、悔しかったなぁ~。

そこで私はせっかく英語の勉強をしているのだからと、外資系の会社への転職を考え始めました。

管理職経験や営業スキルは持っているので、転職を成功させるためにTOEICは700点以上取ろうと考えました。

それは、実際に転職した友人もTOEIC点数が高いと転職の役に立ったと聞いたからです。

TOEICのスコア上げは学習アプリで学べる時代に感謝

TOEICのスコア上げは学習アプリで学べる時代に感謝

TOEICで高得点を狙うにあたり、正直何から手をつけていいのかわかりませんでしたが、インターネットで調べてみると様々な学習サイトやアプリがあることを知りました。

一昔前とは違って随分と進化したと思いませんか?

今の子達はこうやって学習するんだなぁとある意味感心。

そこで、私が利用することにしたのはスタディサプリ。

この教育システムは、テレビコマーシャルで見たことがあり何となく安心感がありました。

公式ホームページに「3カ月で200点アップも夢じゃない!」と記載されていて直感的に頼れると感じたので、このアプリを使ってみることにしました。

教育システム自体は、スマートフォンで学習でき1回3分のレッスンと短めになっているので通勤電車の中など隙間時間で効率的に学習できるのが良かったですね。

手軽だったので、学習モチベーションも維持しやすかったなぁ。

このアプリの良いところは、無料体験があり予め無料体験にてどんな雰囲気の教育システムなのかを確かめることができました。

その他にも参考書も活用しました。

最初に利用した参考書は、「はじめてのTOEIC L&Rテスト先読み」と「単語で730点突破!」です。

この参考書では、TOEICの質問文の「先読みテクニック」が紹介されていて、解答時間を早める方法を丁寧に解説。

また、語彙力をアップさせるため単語力を強めるトレーニングも記載されていてかなり助かりました。

「TOEIC L&Rテスト これ1冊で800点が取れる!」には、200問もの問題があり、まるでTOEICの模試を受けているようなトレーニングが体験できたところが、使いやすかったですね。


TOEICのスコア上げに使ったアプリ代はなんと1万円代

TOEICのスコア上げに使ったアプリ代はなんと1万円代

TOEICのスコアを伸ばすにあたり一番頼りにしていたのが「スタディサプリ」

スタディサプリのコースは、「TOEIC L&R TEST対策コース」で月額料金は2,980円。

私は3カ月間間利用したので利用合計金額は、たったの8,940円。

ほんのひと昔は、駅前留学して途方もない月謝を払っていた私達。

それに比べ今はスマホを通じて何でも便利になった上に、資格にかける費用が相当落ちていると思いませんか?

こんな時代に生まれていたら、もっと資格を取れていたんじゃないか?と子供たちを羨んでしまいましたね。

話が逸れましたが、登録の流れは公式ホームページに行き、「今すぐ会員登録」のボタンを押して使用者の学年選択し、名前などの個人情報を入力しコースを選び支払い情報を決定して登録するだけで完了。

たったこれだけです。

スタディサプリは、あらかじめ実力診断をしてから受講できるので、自分のレベルにあった内容を適切に選択できました。

痒い所に手が届くって、こういうことをいうんですよね?

仕事をしながらの学習でしたので、受講するのは通勤電車の中と自宅での学習でしたが、その学習時間は平日には毎日3時間程度で土日祝日には自宅にて8時間ほど勉強。

スタディサプリを利用すると、日常的に英語に触れることができ受講期間が長くなると同時に英語のヒアリング力も上がっていくのが実感できました。

アプリでの学習時間が1講座3分程度と超短いので、隙間時間に学習しやすく継続しやすいアプリでしたね。

スタディサプリは、英語に関して学べるジャンルが広いこともメリット。

具体的に仕事で役立ちそうな、プレゼンテーションの技術やプログラミングにまつわる英語の技術のみの教育講座があるのも魅力でしたね。

追加で購入した参考書は土日祝日に重点的に実施。

「はじめてのTOEIC L&Rテスト先読み」と「単語で730点突破!」は1,980円、「TOEIC L&Rテストこれ1冊で800点が取れる!」は2,090円で合計しても4,070円。

市販のテキストを最初の2カ月使用し、残りの1カ月で「はじめてのTOEIC L&Rテスト先読み」と「単語で730点突破!」でTOEICの実践的な過去問題を解きまくりました。

TOEICで700点取れるのが一つの壁!諦めず頑張ろう

TOEICで700点取れるのが一つの壁!諦めず頑張ろう

TOEICのスコアを上げていくと、いろいろな恩恵が受けられます。

TOEICの点数は500点を超えると、職場の中では英語ができる人材として一目置かれ始めますが、500点では実際に外国人とコミュニケーションをとる時には力不足。

実際、英語力に自信が持て始めるのは700点を超えたくらいではないでしょうか?

700点以上を叩きだせるようになった頃、単独で海外出張に行っても自信を持っていけるようになっていました。

これだけ高得点を取ると、海外勤務や外資系会社への就職も視野に入れても良いと思います。

45歳でリストラされた私でも、業界未経験の外資系に転職できたぐらいですから。

最近は、パソコンやスマートフォンを利用してのリモート学習も充実していますので、これらを上手に利用すれば仕事をしながらの得点アップも目指せます。

今回紹介したようにTOEIC学習用の参考書も多数販売されています。

どれを手に取るかが悩みどころですが、人気のあるものを利用すれば間違いありませんね。

TOEICのスコアが700点を超えると、飛躍的に語学力が向上していくのが実感できますが、700点は一つの壁となりあなたを苦しめるでしょうね・

私も700点台の壁には苦労しましたから…。

ローマは一日にして成らずと言われるように、語学の学習も長期戦を覚悟のうえで行きましょうね。


TOEICを猛勉強して転職に役立てたリストラ男の逆転劇

最後に要点をまとめておきます。

  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
  • リスト4
  • リスト5

会社員が英語を学べは何が変わるのか?詳しくはこちらで確認