残酷!不当解雇された50代が未来を託したフォークリフト運転技能資格

リストラされて絶望している中高年は多いのではないでしょうか?

私も40代でリストラされた経験があるのですが、味わったことのない絶望感を感じてしまいます。

いつもは、ありふれた日常と思っていたことが音と共に崩れ去るんですよ?しかも中高年は悲惨です。転職先が見つからないんですから。

日本の社会においては、中高年=役に立たないの構図が出来上がってしまっているのは、残念でなりませんね。企業戦士として20年以上もの間、戦ってきた戦士なのに、残念でなりません。

リストラ!再就職できずフォークリフトに運命を託す

はじめまして、私は58歳。現在の仕事は某乳業製品を作る会社でフォークリフト作業員として働いています。

私のピンチを救ってくれた資格は、フォークリフト運転技能でした。

今から7年前の8月。私は小さいながらもある建設関連会社の取締役兼課長をしていました。

それなりに仕事もこなしていたし、業績もなんとかかんとか成り立っていて、いわゆる事務的技術職の仕事以外、経理から資金繰り、営業、現場や委託先の段取りなど現場作業のセッティングなどあらゆることをこなしていました。

まさしく毎日駆けずり回る日々でしたが、そんな私に晴天の霹靂が訪れたのです。

その日、社長から「君は明日からもう会社には来ないでいい。」との言葉がかけられました。

いきなり頭を後ろから思いっきり殴られた気持ちになり、頭の中は真っ白です。

なにがなんだか分からないまま、私は退職を与儀なくされたのです。

絶望が頭の中を巡って、その日から約1週間は家に引きこもりの状態が続きました。

そうはいうものの、いつまでも落ち込んでいるわけにはいきません!私には、乳がんと闘っている妻がいます。落ち込んでる暇はありません。

私は気持ちを新たにして、新しい人生をスタートしなければならないと思い、まずは今なるべく早く仕事に就くにはどうしたらいいのか考えました。

そして出た答えは、フォークリフト運転技能。

事務畑でずっと仕事をしてきた私は、これといった資格を持ち合わせてはいません。

簿記1級と珠算3級、普通運転免許。それ程度の資格だけでした。

簿記の資格を活用できないか考えましたが、今は会計ソフトで簡単に仕事ができてしまう時代。

しかも齢50歳を過ぎたミドル世代を誰が採用するのでしょう?

こうなってはとにかく現場で稼ぐしかない。現実に即し実際に役に立つ資格でなければ意味がない。それには時間もお金もかからないフォークリフト運転技能だったわけです。

私は久しぶりの資格取得に意欲をかきたてられました。

事務職肌の50代は生きるためフォークリフトを取得

フォークリフトの資格を取るにはどうすればいいのか?まずはインターネットで調べてみました。

地元に取得可能な技能講習センターがあるのを確認し、さっそく申し込みをしました。受講先は栃木県小山市にある社団法人わたらせ技能講習所小山。

受講日数は4日。

まず、初日は一番基本的な動作を学ぶもの。

実は、違法に解雇された会社の前の仕事が某中堅物流会社の事務職で、約18年勤務をした経験がありました。

その間、発送業務や積み込みの手伝いなど現場作業も毎日やる仕事の一つでしたから、簡単な荷物の積み込みなどはフォークリフトを使っての作業も結構ありました。

ですから基本的な動作などはもう12年以上たってはいたものの、なんかと勘は体に残っているものと軽く考えていましたがそれは大きな間違えでした。

ちゃんと指導を受けた経験がありませんでしたし、本来あがり性の私はもう頭の中が真っ白に。

どこをどうしたらいいものかわからないまま、教官からはダメだしの連続。

初日は散々な一日となってしまいました。2日目は筆記でした。前日のことがありましたから頭を冷やすには丁度よく、筆記関係は理解をすることができてホッとしました。

さて、それからの3日目と最終4日目。私なりにとにかく冷静に操作することたげを考え、教官や同じ日程で講習にきていた人たちに励まされもしてなんかと合格!

久しぶりの資格の取得!

なんかすっごく体中に喜びがこみ上げて来てその日の夜、かみさんとお祝いをしたことは忘れられません。

フォークリフト運転技能の取得費用はたった4万円

フォークリフトの資格を取るための費用と時間。

まずは費用ですが、一般的にフォークリフトの取得には各々持っている資格に応じて、受講料や受講する時間に差がありそれぞれに応じたプランがあります。

私が受講した社会法人わたらせ技能講習センター小山では、自動車普通運転免許をもっていると受講費用は40,000円。

何も資格を持っていない人なら、43,000円。そして、大型特殊免許などを持っていると18,500円です。

こうして見ると結構な差がありますよね?

受講日数も資格の有無で同じく左右されます。

私の受講日数はトータル4日でした。筆記講習で1日、技能講習で3日の計4日。

何も資格がなければ4.5日。大型特殊などを持っていれば2日で済みます。

建設関連会社で取締役兼課長で勤めていた時、私の月給は400,000円でした。

それが一気に急転直下の0円です。

この先どうなるのかまったく分からない状況で、40,000円は少々きつかったけれど仕方がありません。

この資格を取りさえすれば、今までもらっていた給料の半分の200,000円くらいは稼ぐことができるだろうと皮算用をしていました。

年齢を考えてみても、今さら正社員として働く道はほぼ閉ざされたといっても過言ではありません。ですから、ここから先どうしたら残りの半分を稼ぐことができるのか、悩みの種が尽きることはありませんでした。

未経験の50代でも職にありつけるフォークリフト資格

これから、このフォークリフト運転技能は、年齢や従事してきた仕事のキャリアをまったく考慮することなく資格を取ることができるのが特徴ですね。

何より取得費用がべらぼうなものではないこと。

そして、最大のメリットがすぐに活用でき、ある程度のお給料のイイ仕事に就ける可能性が高いことです。

ゆえに取りやすい!がアドバイスでしょうか。

私が受講した時は、女性も資格を取りに来ていました。そうです。

フォークリフトの作業なら、力仕事でない可能性も多いのです。

ピッキング作業のように、重量の軽いものばかりを扱う倉庫屋さんなんてのも結構ありますよね?

私がこの資格を取って最初に就いた仕事は、某乳製品の製造会社の空容器の整理を主な業務とするフォークリフト乗りっぱなしの仕事でした。

資格を取ったばかりの全くの素人フォークマンでしたが、時給が当時1,200円。非正規の仕事の時給としては決して悪くありませんでした。

最初は、周りの先輩や正社員の方たちにたくさん迷惑をかけました。

が、私にアドバイスや慰労の言葉をかけてくれる人も多く、その人たちの一言に救われながら仕事を少しずつ身につけていくことができ、今ではいっぱしのフォークマン気取りで毎日が充実した気持ちで仕事をすることができるようになりました。

短い期間とコストで、それなりの給料を稼ぐことができるのはフォークリフト運転技能の魅力です。

ぜひ、資格を取って思いっきり体を動かして働きませんか!

解雇された50代はフォークリフト資格に全てを賭けた

最後に要点を纏めておきますので参考にしてください。

  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
  • リスト4
  • リスト5

フォークリフト運転技能は、私も取得して20年以上たちますが、本当に役に立ちますから早めに取っておくといいですよ。

私自身は、副業するのにピッタリの資格だと考えていますから。高時給で楽な仕事にありつけたら、儲けもんですよ?