まずは簿記検定上級取得!税理士に10年間挑み続ける男の壮絶物語

難関資格を取得するのに、初心者の方が適しているなんて話聞いたことはありませんか?

これ資格学校がキャンペーンし続けているキャッチコピーなんですが、真に受けてしまうと大変ですね。特に、難関資格は法律用語に慣れるだけでも辛いのに一発合格する人なんて本当にいるのだろうかと、毎年疑問に思います。

国家資格に挑むにはそれ相応の努力が必要です。5年10年と覚悟しておかなければ貯金が亡くなって悲惨です。

税理士受験資格を勝ち取るため簿記検定上級を取得した

私は現在小売業の経理業務として働いている清水と申します。

現在は税理士の資格を取得しようと終業後学校に通っております。私が取得して役に立ったのは、全国経理教育協会主催の簿記検定上級です。

あまり聞きなれない資格かもしれませんが、内容は日商簿記の1級と同等です。

私は高校卒業後、自分の夢を実現するため現在とは全くの別業種の専門学校に通い、その関連に就職をしました。しかし、自分の実力の無さや体調不良が原因で、その職をあきらめざる負えない状況となりました。

そんな時、税理士の資格の話を耳にし挑戦したい思いが芽生えてしまいました。

税理士の受験資格は非常に複雑なもので、当時最終学歴が専門学校卒だった私は受験資格すら得られない状況。

諦めの悪い私は、何とか税理士になる方法がないかと調べていたところ、上記の資格の合格が受験資格となっていることを知りました。

不幸中の幸いか私の高校時代は商業科でしたので、簿記の基礎は以前から持っていました。

長年簿記とは離れていたものの最低限の知識は備えておりましたので、独学と通信講座を利用して1年程かけてこの資格を取得することができました。

実際にこの資格を取ったことで、何もなかった自分に転職するきっかけと税理士の資格を取るための挑戦権が与えられました。

現在は税理士の資格を取るために日々仕事と学校に通う日々を続けておりますが、資格取得の重要性を教えてくれたきっかけですし、これがなければ確実に挑戦することを諦めた平凡な人生を過ごしていましたね。

税理士になると決めて約10年が経過しましたが、自分の人生の進むべき方向を決意させてくれた大切な資格です。

簿記検定上級取得に独学したが挫折し通信講座に変更

当初は、経済的にもギリギリの状況が続いていて、書店で独学のために参考書を1冊購入してそれをひたすら解くスタイルで挑戦。

しかしながら、1回目の試験は全く歯がただずに惨敗に終わりました。

まず最低限の知識を覚えなおすためには、経済力がなくてはならないことを実感しアルバイトをしてお金を貯め、今度は通信講座に応募しました。

当時はDVDの講義を中に行いました。

1講義2時間程度の講義を毎週消化し、模擬問題を解くカリキュラムを半年間程度続けました。

ある程度自身がついてきた頃に日商簿記1級に挑戦しましたが、残念ながらこの資格も合格に至りません。

そこで生活時間を勉強に充てなければ、合格は不可能だと実感しましたので手帳を購入し、自分の生活徹底的に管理。

講義のDVDを毎週水曜日に見ることを決め終わった後は、その授業の問題集を反復していました。

この生活を毎日の目標と復習を繰り返すことでギリギリですが、合格に達する域まで到達することができました。

そのころ次のステップのことを頭に入れていて、大原簿記専門学校に通うための手続きをしていました。

しかしなんとその最中に、受験した全国経理教育協会主催の簿記検定上級に合格した旨の連絡を受け、自分の道がさらに開けて大原の税理士専門のコースに進めることとなりました。

努力は報われるんだなぁとこの時実感しましたね。

当時は自分の周りに同じ目標を持つ人がいなかったため、モチベーションの維持が大変だったことを今でも覚えています。

私は簿記検定上級を取得するため通信講座で11万円

最初は参考書を購入しただけで、1万円くらいで済みました。

ただし、何をどう理解するべきか参考書を丸暗記するだけでは対応できません。

ちゃんと理解することが重要と感じましたが、通学で教えてもらうほどの経済力がなかったため、理解するには非常に時間がかかっていまいた。

具体的な時間に換算すると、週10時間×半年程度で250時間くらいは軽くこなしていました。

そのあとの通信教育についても、同様に週10時間×半年程度ですので250時間くらいは費やしましたから合計で500時間以上は勉強しました。

通信講座自体は、半年で10万円弱だったように記憶しております。

ただし私の場合、簿記の基礎が当初からありましたから、全くの素人の状態から始めたらその倍は時間がかかっていたのではないでしょうか?

当時私は、コンビニで朝から夕方までアルバイトもしておりましたので、余分に時間がかかってしまったことも事実。

周りの受験生がちゃんとした会社に就職して、普通に稼いでいるときに自分だけ取り残され気持ちに陥りモチベーションの維持が大変でした。でもそういう辛い時期を乗り越え、資格の合格通知をもらった時は、すべてが報われた気分になりました。

費やした時間に比例して、成果は出るものだと実感することができました。

資格に挑戦するのなら1秒でも早くはじめてみるべき

自分のやりたいことがあるなら、まずは挑戦することを諦めないでください。

できるできないではなく、やらなくては何も始まりません。

このことを常に自分自身の心の中に持ち続けれた人だけが、自分のなりたい自分になれるのだ確信しています。

悩むくらいなら、すぐに行動して資格に挑戦していた方が周りと比較して断然優位に立てますね。

最近の若い人達は費用や時間が割に合わないと、すぐにコストパフォーマンスを気にされますが、私からしたらやりたくないだけの言い訳にしかすぎません。

自分がやりたいといって決意したことは、継続して最後までやり抜いてください。どれだけ時間がかかっても、その時間に費やした時間は絶対にあなたを裏切ったりはしません。

一度目の職を諦めてしまった私が言いうのも説得力に欠けますが、私は税理士を取った後当初ついていた仕事に関わることができればいいとも考えています。長い人生ですので、上手くいかないことも絶対にあります。

でも真摯に継続した人はいつか必ず報われる日が来ます。私も次の報われる時を目指してこれからも邁進していくつもりです。

皆さんもぜひ挑戦し続けてください。ご検討をお祈りします。

税理士試験に挑み続ける男の壮絶物語は簿記から始まる

最後に要点を纏めておきますので参考にしてください。

  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
  • リスト4
  • リスト5

彼は未だ税理士試験に挑み続けているから、見上げた根性です。初志貫徹という言葉がピッタリですね。

信念を貫き通すなら、一生に一度の人生チャレンジしてみてはいかがですか?

万が一の場合に備えて別の収入源を確保しておきませんか?