40代経験なしサラリーマンがビル管に転職できた第二種電気工事士の話

40代になって転職活動した際、世間の冷たさに絶望したことはありませんか?

私は、経験が少なすぎるって理由で、10社連続で面接落ちした辛い経験がありますが、そういう時に「転職の武器になる資格があったらなぁ」って思っていました。

超難関の国家資格を持ってたら、堂々とアピールできるでしょうが、取得するのに何年かかるのかどんだけ費用がかかるかも分からない。

お金がないのに、そんなリスクは冒せませんよね?

そんな中で、割と簡単に取れると話題の資格が、第二種電気工事士です。

40代男性は正社員目指して第二種電気工事士に初挑戦

こんにちわ!現在、ビル管理職でサラリーマンをしている田中と申します。

41歳で転職、現在4年目で45歳になりました。

大学を卒業して、地方都市で就職もせずアルバイトを転々。

40歳で地元に戻り40歳を超えて何の資格も経験もない人材は就職ができない厳しい現実を、突きつけられました。

特にやりたい仕事はありませんでしたが、接客はしたくなかったのとアルバイトで施設管理の仕事が楽だったので、ホテルや大型施設の施設管理職を探して応募。

しかし、経験がない・資格がない理由で、面接受けた会社は全て落ちる無残な結果です。

そこで私が取った行動は、「経験はないけれど、取得できる資格を取ったら行けるんじゃね?」って安易な考えでした。

ビル施設管理職への転職に強い資格で調べると、第二種電気工事士という資格があると知って、すぐに勉強に取り掛かりました。

第二種電気工事士って何気に国家資格なんですよね。

6か月ほどの学習で、一発合格。自分の履歴書の保有資格欄に、第二種電気工事士と記入できた時は、嬉しかったですね。

そこから、ヤル気スイッチが入って転職活動開始。

実際に転職活動をして思ったのは、資格があるとないのとでは、書類選考の通過率が違うことですね。

そこで、現在働いている会社の面接に引っかかり、経験はないけれど、資格があることで採用通知をいただくことができました。

第二種電気工事士を取得したことで、転職の役に立ったことが証明されてしまいましたね。実際に、ビル管理職では、簡単な電気工事をする場面も多く、転職してからも様々な面で、実務上役に立った資格でもあります。

スキマ時間を活用して第二種電気工事士の猛勉強をした

生活があるので、アルバイトをしながら、空いている時間を使って第二種電気工事士の資格を取得。

第二種電気工事士は、筆記試験と実技試験があります。

まず、筆記試験があって、その1か月半後に実技試験があります。筆記試験に合格しなければ、実技試験を受けることができませんから、まずは筆記試験に合格することが大事です。

とは言っても、筆記試験はそれほど難しくもありません。

だって、50問中、30問正解すれば合格なんですから。

文系の人は、電気数学などの問題は難しく感じるかもしれませんが、電気の道具を覚えるだけで、点数がとれる問題もあり筆記試験に関しては、それほど難しく考えなくても良いかもしれません。

問題なのは、実技試験ですね。

これは、実際受けてみて慣れが重要だなと感じました。私も、筆記試験は一発合格でしたが、実技試験で一度落ちています。

でも、一度筆記試験に合格すれば、次の年は、筆記試験が免除になるので、そのような面でも取りあえず、筆記試験に合格することが重要です。

実技試験は、実際に、電気の配線をする試験で、制限時間は、40分。問題は、事前に候補問題が、13問公表され、筆記試験はその中から1問出題されます。

つまり、事前に出る問題が分かっているのです。

となると、簡単そうに思えますが、実際に試験を受けた時は、緊張して、何回もミスをしてしまい、最終的に時間が足りなくなって、焦って施工したところ、配線ミスで不合格になってしまいました。

翌年は、試験の雰囲気が分かっていることと、自宅で公表された問題を完璧に練習していったので、何とか合格することができました。

第二種電気工事士の取得にかかった費用は全部で3万円弱

私は、学生時代は文系でしたので、第二種電気工事士の筆記試験は不安でしたが、本屋などに置いてある参考書を一冊、過去問を1冊購入して空いている時間に勉強することで、何とか対応できました。

テキスト購入費で、3,000円程度です。

最初は、よく分からないことが多かったのですが、まあそれほど難しくはなかったですね。

私の場合、筆記試験では、50問中40問は確実に合ってました。

筆記試験に関しては、このくらいで十分ですが、問題は、実技試験です。

第二種電気工事士の実技試験は、経験者ならそれほど難しくはないのでしょうが、私のような未経験者には時間的にかなり難しい試験でした。

この実技試験の対策には、少し費用がかかります。

まず、試験を受けるためには、以下の工具が必要です。

ペンチ、ドライバー(プラス、マイナス)電工ナイフ、リングスリーブ用圧着工具、ウォーターポンププライヤー、スケール。

これがないと、試験さえ受けることができませんからね。

あとは、絶対に持っていた方が良い工具があります。VVFストリッパーです。

これは、電線の被膜を簡単に剥ぐことができる工具です。

これがあると、かなり作業のスピードが上がるので、試験で役に立ちます。

工具は、ひとつずつ揃えても良いですが、第二種電気工事士試験用のセットが、10,000円前後で購入できますのでオススメですね。

あとは、練習用の電気資材、公表問題の解説参考書が必要になります。筆記試験用参考書が3,000円、実技試験用の工具が13,000円、解説DVD付きの公表問題が2,000円程度、練習用の電気資材が、10,000円ほどです。

それでも合計で、28,000円くらいでした。たった、3万円弱で国家資格取れるって、すごくないですか?

第二種電気工事士の取得を考えている人へアドバイス

第二種電気工事士を実際に取得した感想を言えば、しっかりと準備をすれば簡単に取れる資格ですが、持っていると転職に役に立つ実にコスパの良い資格。

第二種電気工事士は、簡単な試験で、誰でも取得することができると言う人がいます。

確かに、第二種電気工事士は、さほど難しい資格ではありません。

ですが、難しい資格ではありませんが油断していると落ちます。

実際に私は、実技試験で一度落ちていますからね。

特に私と同じように、電気工事はやったことがないけれど、第二種電気工事士の資格にチャレンジしている人は、試験を受けると40分がものすごく短く感じてしまいます。

実技試験対策は、とにかく数をこなすことです。世の中には、器用な人もいれば不器用な人もいます。

不器用な人が、電気配線の施工など細かい仕事をするのは、大変なことですが、これを克服するためには、とにかく数をこなすこと以外方法はありません。

公表問題が13問、事前に出題されますので、最低でも2回ずつはやって欲しいですね。不器用な人は、3回ずつやればほぼ合格できるレベルに達するはずです。

第二種電気工事士は、1年に1回しか受けることができませんから、できれば一発合格したいものですよね。

ぜひ、頑張ってください。

40代が転職できた第二種電気工事士とは何か?まとめ

最後に要点を纏めておくので参考にしてください。

  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
  • リスト4
  • リスト5

電気工事士は私も持っていますが、合格のキモは、ズバリ実技ですね。何度も何度も、想定問題を繰り返しておけば、当日焦ることもありませんから。

割と簡単に取得できる第二種電気工事士は、オススメです。

万が一の場合に備えて別の収入源を確保しておきませんか?