取得費用は0円?福祉分野で働くなら絶対に取得したい精神保健福祉士

福祉分野の資格と言えば、介護初任者研修やケアマネージャー、社会福祉士が有名ですよね?

私自身、福祉業界に入って5年が経ちますが、まだまだ高齢化に対応できるほどの人員が揃っていない状況が続いていると感じています。

特に、ケアマネージャーを始め、社会福祉士や精神保健福祉士は絶対数が足りていない。足りていないから、業務が彼らに集中して残業続き。

学生時代に精神保健福祉士の資格取得に一度失敗した

こんにちは!現在NPO団体で働いている成田と申します。

福祉系の大学に通っていたことを活かし、社会福祉士の資格を取得、その後精神保健福祉士の資格もとることができました。

私が役に立った資格は、精神保健福祉士です。

私は以前、社会福祉士の資格を取得しました。福祉系の大学に通っていて、社会福祉士の試験を受けるための講義や実習、講座を受けてきました。

しかし、それにも関わらず私は途中で面倒になって結局試験を受けることはありませんでした。

これってメチャメチャ無駄な時間を過ごしていますよね?

ですがNPO団体で働き始めてから、その資格の重要さを痛感。社会福祉士の試験を受け合格、その次の年に精神保健福祉士の資格も取得。

社会福祉士は福祉全般を受け持つのに対して、精神保健福祉士は精神保健分野に特化した資格です。

私は、本当は精神保健に興味があったのですが、大学のカリキュラム上、精神保健福祉士の資格だけを取ることはできませんでした。だからこそ、本当に取りたかったこの資格を取得すべく、勉強に励みました。

精神保健福祉士が実際に役立ったと感じたのは、やはり転職をした時ですね。以前働いていたNPO団体では、介護や障害、地域のあり方など、そういったことをやっていました。

団体からの補助で社会福祉士の資格を取得したものの、仕事を進めるにつれて、「やっぱり私は精神保健を学びたい」と感じるようになりました。転職を思いつき、私はよりスキルアップを目指したくて、精神保健福祉士の資格も取得。

精神分野にも特化していることで、転職先からの評判もよく、私がずっとやりたいと思っていた、子どものケアに携わる仕事に就くことができました。

私は働きながら再度精神保健福祉士の資格にチャレンジ

働きながら1年目で社会福祉士の資格を取得し、次の年に精神保健福祉士の試験を受けました。精神保健福祉士のテキストは、大学の同級生にもらってタダでした。

ラッキー。

大学時代は精神保健の講義も履修していたので、なんとか分かるものもありましたが、それでも難しかったですね。実は社会福祉士の実習も、精神保健福祉士の実習も行っていたので、受験資格はふたつあったんです。

それでもなんだか面倒になってしまって、気が抜けてしまって、どちらも受けなかったのですが…。だからわりかし知識はありましたし、覚えていました。

ただ、テキストは精神保健福祉士の資格を取得できた友達から譲ってもらって勉強をしました。友達が書き込んだであろう印やマークを見て、勉強するモチベーションが俄然あがりましたね。

働きながらだったので、正直辛かったです。

社会福祉士の資格を取得している人は、職場に居たから傾向や勉強方法を聞くことができましたが、精神保健福祉士の資格を取得している人はいなくて、誰の意見も参考にできません。

だから通っていた大学で、ゼミの先生に最近の福祉の傾向を聞きに行ったりもしました。精神保健分野の先生とも顔見知りだったので、教えてもらったり、後輩を誘ってみんなで飲みに行ったこともあります。

そういった先生の支えや、友人の支えもあり、なんとか仕事をしながら乗り切ることができました。周りの支えが無かったら挫折していたと、今でも思います。

知識を得たばかりの大学時代に、資格をとっておけばなあ…ととっても後悔しました。

精神保健福祉士の資格取得に要した費用はなんと0円

実は、私の場合お金は一切かっていません。

でも、資格取得に必要な実習や講座など、大学時代にお金は使いました。受験費用は、社会福祉士の資格を取得していて一部免除だったから、15,000円ほどでしたね。

社会福祉士と精神保健福祉士は同時に試験を受けることもできますが、どちらも合格するのは難しいので分けて受けました。

共通科目があるので、その分は免除になり、お金も少しだけかからなくなります。勉強にかけた時間ですが、働きながらだったので100時間ほどでした。

勉強はしたいけれど、睡眠不足で仕事に支障がでてもいけないし、その瀬戸際をずっと続けていました。

朝8時に出勤だから、6時には起きて、仕事をして家に着くのは18時過ぎくらい、そこからごはんやお風呂に入って、それ以降の時間を勉強に充てました。

とにかく私が重視したのは量より質です。

ダラダラ勉強しても身につかないし、私は学生時代から量より質タイプでした。時間がないほうが中身の濃い勉強ができたので、睡眠時間はしっかり確保、だけど質のいい勉強をする、を心がけていました。

就寝するのは遅くても夜中の2時、さすがに4時間は寝ないとキツかったですね。一方、休みの日は朝早く起きて、ずっと勉強していました。たまに大学に行ったり、友達と会ったりはしましたが、基本的にはずっと勉強です。

気分転換に買い物に行ったり、カフェで勉強したりもしました。休日もとにかく、質を求めて勉強しましたね。

精神保健福祉士資格を取ったら福祉業界で活躍しよう

社会福祉士持ってるから精神福祉士はいらないや、と思っている人って結構多いのではないでしょうか?

現実問題、2つを一度に取るのは大変だし、大学時代でどちらの実習をするのもだいぶキツい。

福祉は転職がしやすいし、そのぶんスキルアップがしやすい業界です。

だからこそ、資格は大きなキーポイントになってきます。大学時代に受けなかった人、落ちてしまった人でも、再チャレンジすることをお勧めします。

私は以前働いていた団体から転職して、現在は地方のNPO団体で、こども食堂など子供向けの支援その親の支援などを行っています。

ハッキリ言って、この仕事だって社会福祉士の資格があれば十分です。

でも、貧困だったり子育ての不安だったり、それらが精神的な不安につながることは少なくないんです。だからこそ、精神保健福祉士の資格が生かされてきます。

精神福祉に特化することで、より広い知識より深い知識を身に着けることができますね。
精神保健分野を全く知らないでこの資格を受ける人はいないでしょうが、それでも深く勉強しないと、分からないこともたくさんあります。

精神科の病院で働きたい人はもちろん、そのほかの福祉分野で働きたい人も持っておいて損はありません。

そして今後の社会、福祉の分野は必要不可欠です。

そこでより深い知識を持っていれば、あなたの知識が役に立つこと間違いなしです!頑張ってくださいね。

福祉分野で働くなら取得したい精神保健福祉士まとめ

最後に要点を纏めておきますので参考にしてください。

  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
  • リスト4
  • リスト5

福祉の分野は、まだまだ人員が足りていない状況です。もし、福祉に興味があるのであれば是非取得してみてはいかがでしょうか?

趣味と実益を兼ねたお仕事をするのであれば、楽しいことが一杯ですよ。