マジか?スキマ時間を利用してパソコン修理で副業したら儲かった話

資格を活かして独立開業できるのなら、やってみたいと思いませんか?

独立したら、嫌な職場の人間関係から解放されて最高じゃないですか!おじちゃん、おばちゃんに感謝され続ける先生になれたら、心の満足を永遠に得られますよね。

得意のパソコンスキルを活かして修理会社を立ち上げる

始めまして!現在はインストラクター時代に培ったスキルを活かしてパソコンの修理の仕事をしています葛城と申します。5年ほど前まで、パソコンのインストラクターの仕事をしていました。

パソコンインストラクターの仕事に就く際、めちゃくちゃ役に立つ資格が、全情協パソコンインストラクター資格、とMOSいわゆるMicrosoft Office Specialistと呼ばれる資格。

こちらの資格を所得していると、インストラクターとして働く際、見習いのうちからでも、結構役に立ちますね。

それは何故か?、インストラクターの仕事って基本的にはワープロソフトのWordやExcel、Accessを教える業務が多いんです。ですから、最低限パソコンを使用できる上で、オフィスのソフトが使えるかどうかが鍵になります。

実際、パソコンインストラクターの資格を受講する際、合格した証書があれば、そんなに難しい資格は必要ではなく、インストラクターになるにも実際に時間がかかりません。

この資格を持っていると、大抵のパソコンスクールで働く際、印象が良くなるので持っていて損は無いですし、自分でパソコン教室を開く際にも大いに役立つ資格ですね。

しかも、接客業務に必要な礼儀作法などもテキストで勉強しますので、将来的にはスクールを自分で開校するのを見据えている資格です。

その資格を所得する際、パソコンスクールに通い勉強をしてから試験を受ける必要があるので、時間をある程度作らないといけない点が、難点ですね。

私はそんなに難しいとは思いませんでしたが、持っていれば大抵のパソコンスクールで役立ちます。

パソコンインストラクターの資格受験は実務経験が必要

働きながら普通にパソコンスクールに通って、そちらでMOS試験を受けて受講資格を得ます。その際、パソコンインストラクターの勉強は、当時スクールが無くてアルバイトをしながら実践を兼ねて、資格を取得しました。

パソコンスクールは、アビバでMOS試験とインストラクターの試験を受けて合格判定、その後に免許を貰いました。

難しいと言われる点は当時、まだインストラクター要請スクールが無くて、独学で勉強をしなければならず、下積みみたいな感じでパソコンスクールで下働きをする必要があったことですね。

この下積みの際の仕事、何が辛かったのかはメチャメチャ雑用をさせられ、インストラクターらしい仕事は何一つさせてもらえずに心が折れそうになったことです。

資格を取るため仕方の無いこととは言え、本業であるインストラクターとは関係ない、事務の仕事までさせられましたから、今思えば何でもさせられていた感じです。

言っておきますが、下積みの際に働いていたパソコンスクールは、アビバではなく富士通のパソコンスクールです。

さすがに、試験を受けるスクールでアルバイトってわけには行きませんでしたからね。もし、試験会場と同じところで下積みをしていたら、めちゃくちゃ気まずい空気になっていた可能性もありますね。

だって試験に、一発で受かればいいですが、受からなかったら次の日から微妙な空気になりますもんね。

受験に必要なMOSなど全てを合わせて10万円程度

MOS試験だけで全部あわせても6万円。スクールを受講するにあたり、全てのMOS試験に受かると仮定した場合、1年くらいはかかると考えたほうが良いですね。

そこから試験にかかる費用は、15,000円くらいかかります。MOS試験に関して、試験代とは別に、授業料が2万円くらいかかりますから、インストラクターになる際は10万円と見たほうが良いです。

受験自体は、インストラクターとしての見習い期間があれば、免除され実質筆記だけになる試験もありますから、見習いとして働いた期間を含めて2年ぐらい期間があればインストラクターになることができます。

ただ、パソコン教室で見習いとして働く際、最初は勉強どころではなく、実務もなくひたすら雑用ってこともありえます。私がそうでしたからね。

もちろん、パソコンの修理などの雑用もインストラクターの仕事に入ります。ですから、パソコンが直せないのであれば話になりませんし、パソコンを修理できるかどうかの知識やも部品の構成など必要最低限の知識は必要です。

実務を経験したほうが場合によっては、試験にかかる料金を節約できましたし、何よりも仕事をしながら資格を取得した方が、ワケの分からないスクールで時間を無駄にするよりも早かったかな。

パソコンスクールを開業するなら経験豊富になるべき

このインストラクターの仕事、実はルールがころころ変わります。当初は、実務経験が無ければインストラクターになることすらできない資格でした。

しかし最近では、実務経験が無くてもMOS試験やパソコン技能検定2種クラスに受かっているだけで、インストラクターの試験を受けることができるようになって、言ってしまえば、かなり簡単になってしまいましたね。

とどのつまり、誰でもなれ今や飽和状態になり、しかもパソコン教室自体がスマホなどの影響で必要とされなくなってきています。

しかし、パソコンを修理したり、接客に関しての知識や作法は身に付きますから、最近ですと、個人で修理のお店を始めようと考る人がいるので、そういう人は持っていても問題は無いですね。

また、個人でパソコン教室を開きたいのであれば、持っているとお客さんに対してアピールできますね。

ただ、絶対に実務を経験して場数を踏んでおいてください。

人にパソコンスキルを教えるのってけっこう難しく、何を話して説明をしたらいいか、お客さんの年齢層それぞれに合わせて話をするスキルは、実務から学ばないとまず通用しません。

テキストに書いていないことが多く、実務のインストラクターとして見習いでも良いので、経験を積んだ後、資格に挑戦するとよいでしょうね。

いきなり資格を取って受かったとしても、未経験でインストラクターとして働くと絶対失敗するのが目に見えています。

この世界は、実務経験が豊富でないと通用しない世界です。

パソコンインストラクターで開業したら結構儲かった話

最後に要点を纏めておきますので参考にしてください。

  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
  • リスト4
  • リスト5

パソコンインストラクター資格は、民間資格なのでもう少し要件が緩いと思っていましたが、結構な時間の実務経験が必要なんですね。

パソコンが好きで、趣味と実益を兼ねた事業を立ち上げたいのであれば、絶対に取っておく資格ですよ。

是非チャレンジしてみてくださいね。